食品と外食専門の転職サイト| 人材紹介会社選びは【フードビジネスサービス】

【 料理と私 】INDEX


市川彰乃シェフ

富士山のやさい塾

市川 彰乃 シェフ

ポリシーは「素材を活かす料理作り」

神保町、すずらん通り沿いにあるオーガニックレストラン富士山のやさい塾。
このレストランはオーガニックスーパーマーケットマザーズが運営するビュッフェスタイルのレストラン。

シェフを努めるのは、様々なレストラン経験のある市川彰乃さん。
市川シェフの作る家庭料理は、何度でも足を運びたくなる懐かしい味。
気さくな人柄が、温かみのあるお料理にあふれています。


■オーガニック食材の美味しさ

「今から28年前、リヤカーでの無農薬農産物の引き売りから、私たちの仕事は始まりました。その当時の思いを受け継いでいるのがこの
レストランなのです。有機野菜、オーガニック食材を少しでも多くのお客様に味わっていただきたい。そんな思いで、毎日厨房に立っています。」 と熱い思いを語ってくれた市川さん。笑顔の裏にもしっかりとした芯の強さがあります。
市川シェフのオーガニックとの出会いは、マザーズからでした。
「本当に偶然に出会ったという感じでしたね。それまで、厨房では働いていたものの、そこまで素材にこだわってはいませんでした。」
しかし、本当の美味しさを知るたびに有機素材の魅力に惹かれていったといいます。
「まず、野菜の美味しさが違います。じゃがいもはホクホクしている。人参は本当に甘い!野菜本来がもっている酸味、甘味、苦味がはっきりとわかるんです。そこが他の野菜との大きな違いです。有機なので土から作っている。土が違うから美味しさが違うんですね。調理をしていて野菜の勢いを感じます。」

本当にお料理から野菜の元気が伝わってくるようです。

「土も食べられる。皮も食べられる。だから野菜はできるだけ皮のついた状態で料理をしています。また、調味料は使ったとしても邪魔にならない程度を心がけていますね。」

■目で見て楽しむ。味わって楽しむ。野菜中心のレストラン

「うちのレストランは野菜中心のお料理ばかりです。 当時、まだ野菜だけのビュッフェレストランがなく、その始まりとなったお店ゆえのこだわりですね。そして野菜へのこだわりはもちろんですが、調味料や使う洗剤
などすべて安心・安全なものを使用しています。全部お客様の口に入るものですから。」と市川さん。

そんな富士山のやさい塾がビュッフェスタイルにこだわっているのにも理由があります。
「皆さん、その日、その日によって体調や気分が違います。今日はこれが食べたい、今日は少ししか食べられないなど、いろいろあると思うんです。 だから、決まったものではなく、自分に合ったものを合った量だけ
食べてほしいな。そして自分の身体の声を聞きながら食事をしてもらえると嬉しいですね。 美味しい野菜の食べ方を目で見て、味わってたくさん知ってもらいたいです。」

富士山のやさい塾

■お客様との会話が原動力

「うちのお客様は小さいお子様づれのお母さんからお年を召した方まで本当に幅が広いんです。そして最近、女子大生がいらっしゃるようになりましたね。たまに体格のいい男性の学生さんなんかも来てくださるので、 ファン層が広がっているのかな?という気がします。」
いろいろなお客様とお話するのも市川さんの大切な仕事。
「初めてうちの料理を食べて、『次の日起きたら調子がよくって、報告がてらまた来てしまいました』とか、 『やさい塾の料理を食べて、元気になったよ』と気軽に話しかけてくれるお客様が多いんですよ。」 そんなお客様との会話、コミニュケーションが大好きな市川さん。
「『美味しいかったから作り方教えてください』と言われると、家庭でも美味しく食べてもらいたいので、レシピ教えちゃいます。 そして お客様の『元気になったよ。美味しかったよ』の声が私の原動力になっているのです。」ご自身も有機食材に出会って、本当によかったと語る市川さん。 「こういうオーガニックのお店が当たり前の時代が来てくれるといいですね。」 と笑顔で話してくれました。

やさい塾

食器もやさしいものにこだわって

料理

  元気の源。野菜中心のお料理

やさい塾

   なぜだかほっとする店内

    

蒸し野菜のオーブン焼き

野菜の美味しさがギュッとつまったトマト風味のオーブン料理

蒸し野菜のオーブン焼き

クリックして拡大画像をご覧下さい

材料(4人分)

人参

1本

じゃがいも

1個

ごぼう

1本

さつまいも

1本

塩・胡椒

少々

トマトピューレ

80cc

オリーブ油

大さじ2

マヨネーズ

適量

とろけるチーズ

適量


*ワンポイントアドバイス
好きな野菜でアレンジしてください。

作り方

@野菜は食べやすい大きさに切り、やわらかくなるまで蒸して、塩・胡椒をする。
Aトマトピューレ、オリーブ油を合わせて@に絡める。
Bオーブン皿にAを盛り付け、マヨネーズ、とろけるチーズをのせ、230度に温めたオーブンで10分〜15分焼く。
C焦げ目がついたらできあがり。


戻る
料理と私


HOME食品産業と外食の求人 | 転職ガイド会社案内個人情報成功者が語る仕事アドバイス| 転職成功プロセス