食品と外食専門の転職サイト| 人材紹介会社選びは【フードビジネスサービス】

【 料理と私 】INDEX



AyungTeras(アユンテラス)

柴田 勉仝務 オーナーシェフ

ポリシーは「本当においしいものをお客様に提供する」

「自分が食べておいしいものを作るよ」と微笑む柴田シェフ。インドネシア料理を楽しめるここアユンテラスは、食材はもちろんのこと店内の装飾品や食器に至るまで、現地インドネシアから手に入るものは入れるという主義だ。そんなシェフのこだわりが、バリフリークも喜ぶという料理を生み出し、連日連夜お客が絶えない。


バリに目覚めたきっかけは何ですか?

僕は、はじめから料理人ではなく、サラリーマンでした。つまり脱サラ組。サラリーマンの時、バリへ観光に行きとても魅力のある島だなと思いました。日本でもバリ好きな方はたくさんいらっしゃいますが、みなさんと違った点は、母親が再婚して新しい父がインドネシア人だということ。つまり、“バリ好き”しかも“親父がインドネシア人”でインドネシアを身近に深く知ることになったのです。

それで、インドネシア料理店を開こうと思われた訳ですね!!

そうです。以前からサラリーマンを辞めて何かこのインドネシアとのつながりを使えるものはないかと考えていました。人が集まる場所がいいと思っていたので、飲食店だと決めました。それから、僕の料理人生がはじまったのです。最初、今はもうクローズしてしまった六本木ブンガワンソロで皿洗いからはじめ、いろいろなインドネシア料理を教えていただきました。その後、バリへ行き、むこうで2年半暮らしました。その間、食材を見たりホテルや街のレストランで食べたりと、実際に視察してインドネシア料理を自分自身で学びました。そして、帰国後、新宿職安通りに妹と小さい店をオープンさせました。おかげさまで、口コミでたくさんのお客様にいらしていただけるようになり、“もう少し大きくしよう”ということで、新宿の店をたたみ、平成9年にここ渋谷にアユンテラスをオープンさせました。

インドネシアとは、どういう国ですか?

インドネシアには、人を惹きつける力があるのです。島の中でも地方によって、肌の色・文化・言語・宗教・料理などみんな違う。どうして一つの国になれるのか不思議な位です。そのなかでも芸術性の高いバリは特種。たとえ観光だとしても世界各国から何時間いや何十時間もかけてまでも人が集まってくる訳でしょ。とにかくインドネシアは、人間性がよく食べ物もおいしく奥深い国なんです。インドネシア料理は国そのものですよ。

それでは、インドネシア料理とは 、いったいどのような料理なのでしょう!?

みなさん、インドネシア料理は辛いというイメージが強いかもしれませんね。本当は、辛いものは使っていないのですよ。主食はごはん、味付けは甘辛。日本と似ています。インドネシア料理は、辛いなかでもただ辛いのではなく、そこにココナッツミルクと香辛料を加え味に深みをだしているので、非常になじみやすい味です。エスニック料理を食べたことがないお客様でも“おいしい”と料理を召し上がっていただけるのもその味つけだからと思います。つまり、インドネシア料理は、国と同じく魅力のある味なのです。

好み料理をクリックし素敵な画像をご覧下さい

それでは、最後に世界の人々から愛されるインドネシア料理をここ日本でどう広めていかれるかをお聞かせください。

平成9年にお店をオープンしてから今年で5年目。ちょうど節目の年を向かえます。おかげさまでショッピングモールなどの出店などにも声をかけていただいておりますが、レストランはこのアユンテラスひとつでがんばっていこうと思っています。レストランのほかに、アジアが好きな人が集まるものを考えています。たとえば、アジアンデザートだけを集めた店。アジアンデザートにはまだまだ知られていないものがたくさんあります。アユンテラスとそういう店を並べられたらおもしろいですね。僕は、店を作るのが好きなんです。店のプロデュースもぜひやってみたいと思っています。今後、ここアユンテラスを発信源として、アジアをキーワードに、様々なことにチャレンジしていきたいです。

貴重なご意見どうもありがとうございました。


サテ

(インドネシアスタイルの焼き鳥です)

クリックして拡大画像をご覧下さい

材料

肉(チキン・ビーフ・ポーク・マトンなんでも可)

300g

漬け込み用タレ

 

醤油

1カップ

椰子砂糖または黒砂糖

1/2カップ

玉ねぎ(みじん切り)

1/2個

にんにく(みじん切り)

半かけ

しょうが(すりおろし)

半かけ

サンバルまたはチリソース、チリパウダー

小さじ2

サラダ油

適宜

作り方

1.漬け込み用タレを全量混ぜ合わす。タレに肉を入れ、よくもみながら混ぜ、サラダ油を少量かけ20〜30分おいておく
2.@の肉を串に3〜4個ずつさしていく。グリルで焼く
3.ピーナッツソースをかけてできあがり。

<ピーナッツソースの作り方>
1.玉ねぎ・にんにく・しょうがをサラダ油でしっかりと炒める。
2.水気がなくなって香りが出たらココナッツミルクと水を入れる
3・ピーナッツバター・白胡椒・砂糖・塩・サンバル・レモン汁を入れ味を調える。

ピーナッツソース

 

ピーナッツバター

50g

玉ねぎ(みじん切り)

1/4個

にんにく(みじん切り)

1かけ

しょうが(みじん切り)

1かけ

ココナッツミルク + 水

30 + 30cc

白胡椒・塩

少々

椰子砂糖または黒砂糖

適宜

サンバル

適宜

レモン汁

適宜

サラダ油

適宜


戻る
料理と私


HOME食品産業と外食の求人 | 転職ガイド会社案内個人情報成功者が語る仕事アドバイス| 転職成功プロセス