食品と外食専門の転職サイト| 人材紹介会社選びは【フードビジネスサービス】

【 料理と私 】INDEX



広味坊

五十嵐 美幸 総料理長

「仲間をふやしたい。女性の力をもっとひきだしたい。同性にも認められたい。」五十嵐料理長のそんな強い願いから、女性のスタッフで広味坊祖師ヶ谷大蔵店を平成12年にオープン。
ポリシーは「感謝の気持ちを忘れない」
「感謝の気持ちを忘れると必ず行き詰まるんですよ。お店を経営できて本当に幸せだと思います。」と五十嵐料理長は微笑む。


五十嵐料理長は、1974年生まれの28才。この若さで中華料理ひとすじ20年。まさにその経歴には脱帽する。
「小学生から社長(父)の経営する広味坊(現在:千歳烏山店)のチラシ配りと洗いもの、中学でホールとまかない料理、高校でホールと板場を手伝いました。家族で経営してたので、仕事をやらないと生活ができないという状態。父は学校より仕事という感じでした(笑)。」
高校卒業後、広味坊の休日を利用し、竹爐山房山本豊総料理長のもとで2年間修行をする。「山本総料理長には、料理の姿勢を教えていただきました。修行の場は、自分の足りない人間性を作る場所でもある。この時私の人生が変わったのです。」
当時、五十嵐料理長には休む暇が全くなかった。しかし、その頃は、夢と希望にみちあふれ無我夢中だったという。「22才のときに父から広味坊の料理長を受け継ぎました。この時のスタッフは、私がいちから育てるようにという父の考えもあり、右も左もわからない全員新人。私は、料理長でもあり店を経営する立場でもある。だから、寝る時間を裂いてでも人一倍働くしかなかった。私にはスタッフの人生がかかっていると思ってとにかく頑張りました.。」プレッシャーと緊張感で眠れない日々が続き、とうとう五十嵐料理長に身体の限界が訪れる。

私には料理しかない

ついに、自律神経失調症と判断され、ドクターストップがかかった。「この時が私にとって最大の壁でした。体力と精神力どちらも欠けていては料理は作れないとわかった。客やスタッフに迷惑をかけると思うと逃げてしまいたいくらい辛かった。。。」
その後、スポーツドクターについてもらい、体力作りをいちからはじめた。「“自分には料理しかない、自分の力でできる限りやろう、料理をやりながら死ねればいちばん”ある時張りつめていたものが消えてこう思えたんです。」
そこから再び五十嵐料理長は、広味坊へ復活。24才の時、祖師谷大蔵店をオープンさせる。

女性スタッフがいきいきと仕事をこなす広味坊。

今まで体力勝負の中華店に、女性の料理長やスタッフはめずらしい存在であった。
「女性は、男性を支えることはできるけどひっぱっていくことは難しい。男性と同じ厨房内にいても、価値観や経営に対する考え方は、全く違う。」これは、お父様が経営する広味坊とともに歩んできた五十嵐料理長がいつも痛感したことだ。
「やはり私は女性だから、仕事上でも女性の気持ちがよくわかる。それに精神的に強いのは男性より女性かな(笑)。」そこで、五十嵐料理長は、女性にしかできないものを探した。「私のめざす店は、味・雰囲気・空間が一体になる店。これなら女性の感性を最大限生かせる女性しかできない店になると思いました。」
オープン後たちまち広味坊は、客が客を呼ぶ連日大盛況の店となる。涙を流すお客様もいるほどだ。

店は舞台、料理は私の人生

「料理は、作る人の人間性や生きざまが明らかに出る。私が料理の話をすると人生の話になってしまうんです。だから自分を好きでないとダメ。そのために、ひとりの女性としても輝きたい。いい恋愛して結婚して子供を産んで。。。自分をもっともっと磨いていきたい。」と五十嵐料理長。「そして、店という舞台でオリジナルの中華をたくさん作っていきたい。中華の歴史はながく、その食材や技法は生涯かかってもできないというくらい種類が多く奥深い。逆に言えば、幅が広いから何でもできてしまう。日本の食材もたくさん取り入れてお客様が喜ぶ料理を提供していきたい。また、中華を広めるために料理教室も開きたい。そして、もっともっと仲間を増やしていきたい。」と五十嵐料理長はさらに目を輝かせる。
五十嵐料理長は、人間味あふれる魅力的な女性、まさにスーパーウーマンなのだ。五十嵐料理長の中華の道はまだまだこれから。。。
広味坊とともに五十嵐料理長は、これからも“ひとりの料理人、ひとりの女性”として、人生を開花させ、奥深い味を生みだしていく。


    

夏野菜のねぎみょうが風味

クリックして拡大画像をご覧下さい

材料 4人分

完熟トマト(皮を湯むきし、くし切り)

1個

ゴーヤ(縦半分に切り、種を除き輪切り)

1/2本

なす(油で揚げて皮をむき、一口大にカット)

2本

調味ソース

 

おろししょうが

1かけ

しょうゆ

50g

50g

砂糖

50g

仕上げ

 

太白胡麻油または胡麻油

適宜

長ねぎ(細くせん切り)

1/2本

みょうが(細くせん切り)

2個

作り方

1.ゴーヤは、塩を少々入れた湯でサッとゆがく。
2.調味ソースを作る。ボールにおろししょうが・しょうゆ・酢・砂糖を入れ、砂糖が溶けるまでよくまぜる。
3.仕上げ。 胡麻油を熱しておく。皿にトマト・ゴーヤ・なすを盛り付け、その上にねぎとみょうがをこんもりとのせる 。
最後に、熱した胡麻油を上からかける。


戻る
料理と私


HOME食品産業と外食の求人 | 転職ガイド会社案内個人情報成功者が語る仕事アドバイス| 転職成功プロセス